SPSL'plus

気になったCVをレビュー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

編集が笑う

今回は、編集の技で僕が好きなものを何点か。
他にもたくさんありますけど、とりあえず思いついたベスト3を。


■研究室2nd planterさんのとこ
ファン補正も多少あるかもしれませんが、
この、なんといいますか、真打登場!感はヤバイです。
というか研究室2ndは何もかも大好きすぎます。

■PSN4th ayatoriくんのとこ
ここで彼がこうしたらカッコイイだろうなぁ、っていうところで
まさにそれをしてくれましたね。
まさに奇跡の編集。

■Sangkm11th ちゅーちゅん→ふぃんぱ
ここをおかずに白米食べれるくらい好きです。


僕も頑張ろう。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/09(水) 00:38:50|
  2. 【Text】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【text】現代CV概論

CV論というものをひとつ。

前書きとして、この記事は特定のCVや編集者さんを貶めるような、
意図をもったものでは無い、ということをご理解いただきたいです。

そして、一介の編集者の私の主観の意見なので、
全てが正しいとは思っていません。
寧ろ、反論をガンガンお願いしたいものです。

この記事が、一つでも多くの良CVを生みだしてくれる糧となってくれれば、これ幸いです。


---


まずはじめに、一言ずぱーっと言わせてもらいたいです。


「今の日本製CVは、見ていて面白くない。」


僕は、一編集者として、編集作品というものを楽しんで見ています。
JEBに公開されているCVには、ほぼ全て目を通しています。

しかし、ここのところ、ぱったりと、
このCVはもう一度じっくり見たい、というものが、ありません。

(「45secCV」はこのブログでも取り上げましたが、海外のCVです。)


どのCVも同じように見えるんです。
驚きがない、というか。
どんなにFSが良くても、感動しない、というか。


オリジナリティが、無いというか。


私は、「CVの質」というものは、出演者で決まるとは考えていません。
ぶっちゃけて言いますが、出演者がどんなに良くても、編集が駄目なら駄作なんです。
駄作の拾いが良い例です。いい出演者を拾っていても、駄作だと感じませんか?

とにかく、ムビメカでもいいんです、拾いを作って、
本編編集の練習をしてください。
もう、FSをまたいで曲がサビに入るCVは、見たくないです。



何なら、拾いを作って僕に送ってください。
ボロックソに評価いたしますよ。



■最近のダメなCVのダメなところ。

①トラップコードオンリーなOP
これが多いんだわ。最近のCV。
もうあの、後ろがフラクタルノイズやらウェーブやらでゆらゆらしてる所に、
文字で「○○presents」だの「○○th project」だの…。
見飽きたって…。

②全く意味のないところに映像効果
せめて音楽と合わせてください…。

③主宰:○○ 編集:△△
主宰は何がしたくてCV作ろうと思ったの…?

④音楽を無視して、FSを詰め込んだだけ
最悪。もうCVなんて呼べない。

⑤即席CVですが、見てください…etc
もうええて。
誰が見るねん…そんなん。



これがひとつでも当てはまる人は、編集者として全然ダメな可能性が高いです。



■あしたのために

編集のコツは、「同期」「テンポ」「選曲」「主人公の設定」だと思います。

上3つは読んで字の如し、
「主人公の設定」とは、これは完全に持論の世界なのですが、
この人のFSは、全身全霊をもって盛り上げよう、というような編集法です。




ここで問題。
この意味で、「PSN4thの主人公」は誰でしょう?


ayatori君ですよね。


こういった感じで、「CVの主人公」を設定しちゃいます。


僕の場合、JapEn5thの主人公はraimoさんで、
SPSL4thの主人公はbonkuraさんでした。

まぁ、僕は、後ろからCVを作る人なので、主人公はTheLastPlayerになりがちなのですが…。

とにかく、僕の場合は、「曲のこの場面でこのFSが来たら、カッコイイだろうなぁ」
というスタンスで、編集をしています。

その「主人公」を主軸、背骨にして、CVを組み立てていくと、良い感じになると思います。




ひとつ、コツと言いますか、…というか、これは余りやらないほうがいいんですけども。


20秒とかの長いFSを、そのままCVに使わないほうが、良い感じに編集できる場合が多いです。

長くてダレるCVは、CVをダメにし、腐らせます。
どんどんぶった切ったほうが良い、と思うのです。

まぁ…本当に上手な編集者さんは、何秒だろうと上手く編集するのでしょうが…
僕にその力量はないです。何かとぶった切りに頼っちゃいます。

CVに出すFSは、10秒程度。長くて15秒。
それ以上は問答無用でぶった切る、くらいの気概をもって編集したほうが良いです。
もう、長いFS提出するほうが悪い、というくらいの温度がちょうどいいのではないでしょうか。



あしたのために、
拾いで本編練習。

そして、いざ人に見せれるレベルのものだと自負できたら、
是非CVを作ってみてください。
SPSL'projectsは、貴方の○○1stを応援します。




CV編集は、やりがいのある非常に楽しいものです。
その楽しみの中で、人を感動させるような作品を作れたら、それは素敵なことだと思うんです。

最近は、綺麗なOP、supawit、s7などの各国最強クラスのスピナーがバンバン出る、
海外CVのほうがウケがよい、というのは一つの仕方がない事実です。

この現状を打破するような良CVが量産されることを、願ってやみません。

頑張れ、JEB編集チーム!
  1. 2010/02/14(日) 03:33:03|
  2. 【Text】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。